AKA療法

腰痛の原因の80パーセント以上が仙腸関節の関節機能障害といわれており、その中には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症なども含まれます。

仙腸関節の動きは正常時でも約1~3mmの動きしかありません。その動きがロックして正常に動かなくなり、関節本来の滑らかな動きができなくなっている状態を関節機能障害といいます。この治療法は仙腸関節の滑り、回転、回旋などの関節機能障害をごくわずかな力で改善させることができます。実際に腰部の手術が必要と診断された後に当院で治療され、手術を回避することができた。こんな例は特別珍しい事ではありません。手術は最終手段として、ぜひその前にお試しいただきたいと思います。

施術料 5,000円(税別)

気になる症状に関するご相談は

お問い合わせページからメール(24時間受付)
または、058-384-8555
※治療中の場合はこちらから折り返しご連絡させていただきます。