私がマリナーズの選手を治療させてもらう機会が一番多かったのが岩隈投手でした。

イチロー選手もそうでしたが、岩隈投手の筋肉も柔らかく、ムキムキの体ではありません。

やはり、第一線で活躍する選手は筋肉が驚くほど柔らかいですね。

怪我をせず、長い期間活躍する為には必要な筋肉なのです。

そして、岩隈投手は体だけではなく、とても頭の良い投手だったと思います。

あれだけ優れた投球術の裏には、常日頃から投球について、誰よりも考えていなければできない事なのだと思わされる一面を目にする事がありました。

岩隈投手が登板した次の日に、岩隈投手が通訳の方に昨日のピッチングについて長々と話をしている姿を見ました。

通訳の方は、ほぼ聞いているだけでしたが、岩隈投手が一方的に話し、一人で反省しているような感じで、まるで野球少年が話しているような姿にさえ見えました。

これだけ野球が好きで、野球の事を考えている時間が長いからこそ結果が出るのでしょうね。

そんな研究熱心なところは他にもありました。

以前から、私と体の使い方について少しお話しする事があったのですが、自分のピッチングに納得ができていない時は、私にまでピッチングがどうだったか?などを質問してくるほど熱心でした。

メジャーリーグでノーヒットノーランをやるほどの投手でも、これだけまだ強い向上心がある事に驚きましたが、逆に言えばこれだけの事をしていないと、これだけの結果が出ないのだと考える事もできます。

今後はこれらの経験を元に、後進の育成でご活躍される事を願っております。

気になる症状に関するご相談は

お問い合わせページからメール(24時間受付)
または、058-384-8555
※治療中の場合はこちらから折り返しご連絡させていただきます。

おすすめの記事